ニキビ化粧水

ニキビ化粧水

 

ニキビ化粧水は、ニキビの症状を抑えたり、予防したりすることが目的となっています。

 

ニキビに悩む人の中にはニキビ化粧水をはじめとするニキビケアに特化したスキンケア化粧品を利用している方が多いと思います。

 

ニキビが発生している肌は、簡単に言えば炎症を起こしている状態です。

 

一般的な化粧品では炎症への対応が出来ていない場合もあり、きちんとしたニキビケアを実践する為には、ニキビ用の化粧水など専用の化粧品を使用することが大事です。

 

ニキビ肌専用の化粧水をはじめとする化粧品を使うことにより、ニキビを予防し、肌そのものを正常化して、ニキビに悩まない肌を目指せます。

 

ただし、市販のニキビ化粧水を使ったから、ニキビケア用品を使ったから、といってすぐに、そして確実にニキビ解消されるということではありません。

 

自分に合ったニキビケアをしっかり実践していき、ニキビができにくい体質への改善も大切です。

 

但し、ニキビの症状がヒドイ場合は、皮膚科を受診することも視野に入れておきましょう。

 

 

本サイトでは、人気のニキビ化粧水を紹介するサイトです。おすすめ順にランキングして紹介します。

 

ニキビ化粧水【ランキング】

ニキビにおすすめの人気化粧水をランキング形式で紹介します。

 

オルビス クリアローションの特徴

オルビスのニキビケア「クリア」シリーズの化粧水「薬用クリアローション」です。

毛穴内の皮脂になじむディープデリバリー処方で、毛穴の奥まで成分を浸透。ニキビや肌荒れを防ぎすこやかな肌へと導きます。

オルビスなので信頼性の高く安心して使えます。なによりリーズナブルな点がうれしいですね。

「クリア」シリーズは、洗顔料、化粧水、保湿液が基本のラインラップです。この基本的なアイテムがお得に試せるセットが提供されています。チェックしてみてください。

価格 1200円
評価 評価5
備考 お試し\1200円
オルビス クリアローションの総評

オルビスの高品質で低価格なのが一番の魅力です。ニキビ用の化粧水選びに困ったら、この化粧品を試してみてください。

薬用RGアクネ&スキンケアセットの特徴

専門家が開発した朝と夜で使い分ける新ペア化粧水!

ニキビが引いた後の肌をケアする為の朝・夜の化粧水です。ニキビや敏感肌でお悩みのスキンケアを研究する「サラヴィオ化粧品・中央研究所」が開発しました。

朝の化粧水は、お肌にしっかりうるおいを届ける化粧水で、ニキビになりにくい肌に導いてくれます。また、夜の化粧水は、シミ、そばかすを徹底ケアする化粧品です。

価格 4980(税込)円
評価 評価4.5
備考 4カ月集中プログラム \4980円(税込)/月
薬用RGアクネ&スキンケアセットの総評

30日間の全額返金保証付き。お肌に合わなければ期間中なら返品できます。

バランシングVCローションの特徴

肌の専門家が開発したエトヴォスのニキビケア用の化粧水です。

水溶性のビタミンC誘導体を3%と高濃度で配合し、皮脂分泌をコントロールし、ニキビ予防に効果的です。

エトヴォスのニキビケアには、洗顔石鹸、ピーリング、化粧水、美容液がラインナップしています。トータルで使うことで効果アップが期待できます。

価格 1300円
評価 評価4
備考 お試し\1300円(税別)

アクポレス クリアローションの特徴

保湿で有名なライスフォースのニキビケア「アクポレス」の化粧水です!

薬用スキンケア「アクポレス クリアローション」は、毛穴の角栓・黒ずみ、毛穴づまりの原因となる不要な角質をしっかり取り除く、薬用ふきとり化粧水です。

さらに保湿成分「ライスパワーNo.1エキス」の働きで、肌をやわらかく保ちます。

5ステップケア+スペシャルケア=「アクポレスステップ」で、毛穴・ニキビにもう悩まない!

価格 1400(税別)円
評価 評価4
備考 お試し\1400円(税別)

リプロスキンの特徴

ニキビ後のお悩みに対応する化粧水「リプロスキン」!

お肌を柔らかく健やかにする、新発想のニキビ後の化粧水で、多くの人を笑顔にしています。

今のお肌の状態を整え、「柔らかく健やかなお肌」を目指すことは、繰り返すニキビやその後のケアに欠かせないことです。

価格 4980(税別)円
評価 評価3.5
備考

ニキビ化粧水を選ぶときのポイント

ニキビ用の化粧水を選ぶ際のポイントを紹介します。

 

ニキビケアには、化粧水は大事なアイテムです。ニキビに効果のある商品を選びましょう。

 

ニキビケアの為には、ニキビケアの有効成分(抗炎症効果)や、保湿成分が配合されている低刺激の化粧品を選びましょう。

ニキビの有効成分が配合されている事
  • グリチルレチン酸ステアリル(抗炎症効果)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(2K)(抗炎症効果)

※抗炎症効果成分が配合されている商品を選びましょう。

保湿成分が配合されいる事
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)
  • 3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)
  • ビタミンC
  • リン脂質
  • グロセリン
  • コラーゲン
  • その他独自の有効成分
肌に悪い成分が出来るだけ配合されていない事
  • 界面活性剤不使用
  • ノンアルコール
  • 無香料・無着色
  • 低酸性

ニキビ化粧水の注意点

ニキビ化粧水を使用する場合に注意するポイントについて説明します。

化粧水を使う前には、ニキビ用のクレンジング・洗顔料で洗顔を行う事
化粧水は適量でOK。使いすぎてもあまり意味がない
国内の日本人仕様の商品を選ぶこと。海外の商品は成分が強すぎる場合がある。
コットンなどで肌にダメージを与える使い方は極力避ける
自分に合わないと感じたら使用を中止する

ニキビ化粧水の効果を高めるには・・・。

ニキビ化粧水の効果を高めるに実践したい事を紹介します。

 

ニキビ化粧水だけでは、ニキビをケアすることはできません。

 

ニキビ化粧水を含む、ニキビケア用の化粧品を正しく使い、ニキビが出来ない身体作りが求められます。

日々の生活の中で、肌の乾燥や紫外線に注意する
糖分や油分の多い食事は避けてバランスの良い食事を摂る
タバコ、アルコールは控えめにする
睡眠不足は厳禁。十分な睡眠を確保する
ストレスを貯めないように注意。発散する手段を考える
便秘気味の方は便秘の改善

ニキビ化粧水のあれこれ

ニキビ化粧水の成分に注目しましょう

ニキビ化粧水は、本当にニキビを激減させるために有効なツールなのでしょうか?。実は、ニキビケアと銘打たれているスキンケア用品でも、入っている成分は商品によって違いますし、同様の成分が入っていたとしても配合されている量は大きく異なっているのです。では、ニキビ化粧水を選ぶ上で、どのような成分を中心に比較すると良いのでしょうか。

 

薬用と一般化粧品の違い

消費者の目には、一見、違いがないように思える薬用化粧品と一般化粧品。その違いは、簡単に言うと薬事法によって有効成分が認められているか、そうでないかの違いと言えるでしょう。化粧品としての使い方はおおむね同じですが、薬用化粧品の場合、一般的な化粧品としての機能に加えて、肌荒れなどトラブル対策としての機能、美白など肌環境の改善機能に有効な成分が、一定以上の効果をもたらしていると判断されたものにのみ医薬部外品の表示が認められているということです。

 

ニキビ跡に効果のある化粧水

「ニキビは完治しているし、数年は発症していないけれど、過去のニキビの跡をなくしたい。」という人向けのニキビ化粧水もあります。ニキビ跡をツルンとした肌の状態に改善したい場合は、根本的な肌の再生能力をアップさせられるものかどうかが大きなポイントとなってくるでしょう。ニキビ跡が残っている肌には、いくつかのパターンに分けられるそうです。

 

ニキビ化粧水選びに口コミを参考に選ぶ

現在、ニキビケアに適しているとされる化粧品は、ドラッグストアや女性向けの雑誌でも良く見かけるほどたくさんの種類が販売されています。ニキビ化粧水に至っては、広告を見る限り「これも効果がありそう。あっちの商品も私に必要かもしれない。」と商品選びに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そんなときは、実際に利用したことがある、ニキビ肌を改善したことのある人が公開している口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ニキビ化粧水のトライアル商品を有効活用する

さまざまなメーカーのサンプル品やトライアルキットが入手できることがあります。化粧品の性質上、利用する人の体質や肌質、生活環境には個人差があるため、使用感や価格に対する捉え方に大きな違いが生まれることが考慮されているからでしょう。特に、デリケートなニキビ肌用の化粧品については、成分が似たような構成であっても何らかの原因で予想もしない肌トラブルが起きてしまう可能性もあるのです。

 

ニキビ化粧水を季節に合わせて使い分ける

季節に合わせて、ニキビ化粧水を使い分けることを前提にして、商品選びをすることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。肌が受ける刺激が強ければ強いほど皮脂でカバーしようとする力が強くなるため、刺激を受けやすい肌環境になるとニキビ肌になりやすい傾向があります。つまり、刺激を受ける環境が異なれば、肌環境も変化する可能性が充分にあるということです。

 

化粧水の関連サイト

更新履歴