大人ニキビのケア

大人ニキビのケア

 

ニキビができる過程では、皮脂が多く分泌されすぎる肌環境とストレスなどの生活環境、そして不安定で乱れたホルモンバランスが大きく影響すると言われています。では、ニキビの原因のひとつ、皮脂の分泌が少ない肌環境にシフトすれば改善できるのでしょうか?

 

実は、20代を迎えてからできる、いわゆる大人ニキビの場合は、本来皮脂の分泌量は思春期に比べて大幅に減少していますので、根本的なニキビケアの考え方が異なると言われています。

 

皮脂は、汚れた状態で放置してしまうと雑菌などと結びつきやすく、ニキビの原因になりやすい性質を持っています。しかし一方で、過度な乾燥から肌を保護して水分や熱を逃がさないようにする大事な役目も持っているのです。

 

20代後半からは、肌にハリを与えているコラーゲンなどの成分とともに、皮脂も徐々に減っていってしまいます。つまり、年齢を重ねていくほど、肌がダメージを受けやすくなっているということです。

 

ダメージを受けた肌は、ターンオーバーが遅れがちになり、乾燥してしまった部分は肌を何とか保護しようとして皮脂が通常よりも大幅に分泌されることになります。こうして、ニキビができやすい環境になるだけでなく、治りにくい、再発を繰り返してしまう状態になるのが大人ニキビの特徴でしょう。

 

対策としては、成長期用のニキビ化粧品などで皮脂を必要以上に取り除きすぎないこと、ニキビ化粧水や化学薬品を使用していない低刺激のケア化粧品で保湿をたっぷりとして、肌の再生能力をアップさせることが重要だそうです。

 

関連ページ

基礎化粧品は最低限で良い
スキンケアの基本は、きちんと汚れを落とすこと、そして、充分な保湿をすることでしょう。
ニキビができにくい体質に改善する
ニキビができにくい体質に改善することが大事です。
思春期のニキビケア
思春期のニキビケアについて説明します。
ニキビの悩みどう対処している?
ニキビの悩みどう対処しているのか説明します。
敏感肌のニキビケア
敏感肌のニキビケアについて説明します。