季節に合わせて使い分ける

季節に合わせて使い分ける

季節に合わせて、ニキビ化粧水を使い分けることを前提にして、商品選びをすることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

肌が受ける刺激が強ければ強いほど皮脂でカバーしようとする力が強くなるため、刺激を受けやすい肌環境になるとニキビ肌になりやすい傾向があります。

 

つまり、刺激を受ける環境が異なれば、肌環境も変化する可能性が充分にあるということです。日本では、夏は気温も湿度も高いジメジメした環境、冬は反対に寒く乾燥した木枯らしが吹く環境です。

 

そして、春先の大気には黄砂とともに非常に小さい粒子のPM2.5と呼ばれる物質が舞い、花粉症の発症率はここ数年で爆発的に増えているのです。こうした環境変化によって、肌が受けやすいダメージの原因も異なってきます。

 

暑い時期にはさっぱりとこまめに使えるニキビ化粧水が良いでしょう。

 

汗をかく機会も多いので、皮脂が多いなと感じた時にコットンにとり、サッとふき取るケアができるものがベターです。

 

寒い時期には、朝晩にじっくりと保湿のケアができる、高濃度のニキビ化粧水に切り替えるのもニキビ対策のひとつの方法です。外出先などで乾燥した部分にピンポイントで使える、美容液タイプも喜ばれているようです。

 

また、体の内側の変化によって肌の質に大きな影響があります。例えば、肥満に傾きやすい食生活を続けていれば皮脂が多くなりますし、大きなストレスを受け続けていると体の機能が落ちて肌を再生するチカラも弱くなってしまいます。

関連ページ

ニキビ化粧水の成分に注目しましょう
ニキビ化粧水の成分について説明します。
薬用と一般化粧品の違い
ニキビ化粧水の薬用と一般化粧品の違いについて説明します。
ニキビ跡に効果のある化粧水
ニキビ跡に効果のある化粧水について説明します。
ニキビ化粧水選びに口コミを参考に選ぶ
ニキビ肌を改善したことのある人が公開している口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか。
ニキビ化粧水のトライアル商品を有効活用する
さまざまなメーカーのサンプル品やトライアルキットが入手できることがあります。