薬用と一般化粧品の違い

薬用と一般化粧品の違い

 

消費者の目には、一見、違いがないように思える薬用化粧品と一般化粧品。その違いは、簡単に言うと薬事法によって有効成分が認められているか、そうでないかの違いと言えるでしょう。

 

化粧品としての使い方はおおむね同じですが、薬用化粧品の場合、一般的な化粧品としての機能に加えて、肌荒れなどトラブル対策としての機能、美白など肌環境の改善機能に有効な成分が、一定以上の効果をもたらしていると判断されたものにのみ医薬部外品の表示が認められているということです。

 

ただし、薬用化粧品はあくまでも化粧品の一部ですので、医薬品のように利用に関して医師の判断を仰がなければならないものではありません。

 

最近では、医薬品でのみ配合が可能と判断されていた成分が、一定の使用実績と副作用などについて安全性が高いと評価されたことによって薬用化粧品に利用される例が増えてきました。(このようなケースはスイッチOTCと呼ばれています。)

 

ニキビ化粧水も例外ではなく、大手製薬メーカーが製造している商品の中には、もともと医薬品で使用されていた成分を積極的に導入しているケースも少なくありません。

 

これらのニキビ化粧水は、ニキビ予防、ニキビの抑制、というような文言を表示することが薬事法で認められている商品です。

 

しかし、薬用化粧品には成分を全て事細かに表示する義務は設けられていないのです。ある程度の効果があると認められている商品と判断できる一方で、使われている成分の種類や分量を消費者がきちんと把握できない点を頭に入れておきましょう。

 

 

 

関連ページ

ニキビ化粧水の成分に注目しましょう
ニキビ化粧水の成分について説明します。
ニキビ跡に効果のある化粧水
ニキビ跡に効果のある化粧水について説明します。
ニキビ化粧水選びに口コミを参考に選ぶ
ニキビ肌を改善したことのある人が公開している口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか。
ニキビ化粧水のトライアル商品を有効活用する
さまざまなメーカーのサンプル品やトライアルキットが入手できることがあります。
ニキビ化粧水を季節に合わせて使い分ける
季節に合わせて、ニキビ化粧水を使い分けることを前提にして、商品選びをすることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。