ターンオーバー正常化にニキビ化粧水

ターンオーバー正常化にニキビ化粧水

皮膚(表皮)の生成から剥落までの一連のサイクルが、ターンオーバーと呼ばれているものです。

 

毛穴にケアが必要な状態だったり、異常な角化が始まってしまったりすると、ターンオーバーが遅くなってしまうためにニキビの発症しやすい肌環境に傾いてしまいます。「では、ターンオーバーはどうやって正常化するの?」と頭をひねってしまう方もいるでしょう。

 

ニキビ化粧水に限らず、肌の外側から塗るタイプのスキンケア化粧品では、4層から成る表皮の中でも、皮膚の表面で刺激から肌をカバーしている角質層には十分な保湿が期待できます。

 

しかし、その下にある基底層や、コラーゲン繊維などが集まっている真皮層部分には浸透していかないものがほとんどだそうです。

 

ですから、クレーター状態になったニキビ跡や、新しい肌を生成している基底層部分まで作用する美容を目指している方では、毎日のスキンケアに加え、エステなどで行われるイオン導入などのサービスを利用している人も少なくありません。とは言え、エステへ定期的に通うとなるとコストも時間もかかってしまうのが現実でしょう。

 

「エステに通うのは難しい、でも何とかニキビ肌を改善していきたい。」という方は、導入型のニキビ化粧水を利用してみてはいかがでしょうか。

 

導入型とは、主に肌が硬くこわばってしまった人向けに開発された基礎化粧品の総称です。

 

化粧水に使用されている成分の分子が一般化粧品よりも比較的小さく、角質層の細かいところまで浸透していくのが特徴です。そのため、皮膚が健康的に生まれ変わる機能を促していく効果があるとされています。

関連ページ

慢性的なニキビ、皮膚科という選択も
ニキビを発症した経験のある人は成人の約9割に達するとまで言われており、皮膚の病気としては軽症のものから深刻なものまで自分で体験した、という人も少なくない病気です。
自分の肌質を知っておきましょう
自分自身の肌について、どんなタイプに属しているのか、自分の肌タイプに合ったスキンケアは何か、考えたことはありますか?。
30代以降のニキビには要注意
乾燥が気になる30代では、保湿効果が持続するよう、ビタミン類やプラセンタなどを成分に採用しているものを選択することがひとつのポイントです。
女性用ニキビ化粧水の特徴
女性用ニキビ化粧水の特徴について説明します。
ニキビ化粧水の効果的な使い方
ニキビ化粧水の効果的な使い方について説明します。