女性用ニキビ化粧水の特徴

女性用ニキビ化粧水の特徴

 

スキンケア化粧水は、男性用のものもたくさん登場しています。男性用の化粧水はさっぱりとしていて肌に付けるとひんやり爽快感があるものが主流になっています。

 

成人女性用のニキビ化粧水では、男性よりも皮脂量が少ない女性のためにしっとりと十分に保湿ができるように開発されたものが主流となっています。

 

また、ちょっとしたダメージでも肌が過敏な反応をしてしまう敏感肌は、日本人の女性に多く見られる肌タイプですので、低刺激な成分で構成されたニキビ化粧水もあります。

 

アルコール成分は乾燥を促してしまうのが特徴で、殺菌ができる反面、水分の蒸発量が増えてしまい、角質が柔軟に保てなくなってしまう側面もありますので注意が必要です。

 

ニキビを繰り返してしまう方、肌タイプが不安定な方は、アルコールのような刺激が強めの成分は避けたほうがベターです。ニキビ化粧水では、薬用成分やハーブが配合された医薬部外品のものもあります。

 

医薬部外品では、成分をはっきりとパッケージなどに表示しなければいけない義務がありませんので、成分をもとに比較することが困難な場合があります。

 

しかし、ニキビ予防やニキビになりやすい肌質の改善に対して一定の効果があると認められた商品ですので、初めてニキビ化粧水の使用を検討している方は薬用のものを選ぶと良いようです。

 

女性用のニキビ化粧水には有名ブランドもあり、成分も商品によって大きく異なります。また、価格帯も広いので、予算に合わせて長く使い続けられるものを選びましょう。

 

関連ページ

慢性的なニキビ、皮膚科という選択も
ニキビを発症した経験のある人は成人の約9割に達するとまで言われており、皮膚の病気としては軽症のものから深刻なものまで自分で体験した、という人も少なくない病気です。
自分の肌質を知っておきましょう
自分自身の肌について、どんなタイプに属しているのか、自分の肌タイプに合ったスキンケアは何か、考えたことはありますか?。
30代以降のニキビには要注意
乾燥が気になる30代では、保湿効果が持続するよう、ビタミン類やプラセンタなどを成分に採用しているものを選択することがひとつのポイントです。
ターンオーバー正常化にニキビ化粧水
毛穴にケアが必要な状態だったり、異常な角化が始まってしまったりすると、ターンオーバーが遅くなってしまうためにニキビの発症しやすい肌環境に傾いてしまいます。
ニキビ化粧水の効果的な使い方
ニキビ化粧水の効果的な使い方について説明します。