自分の肌質を知っておきましょう

自分の肌質を知っておきましょう

 

自分自身の肌について、どんなタイプに属しているのか、自分の肌タイプに合ったスキンケアは何か、考えたことはありますか?女性の肌は、大きく分けて4つのタイプがあり、常に一定の肌質を保つことは非常に難しいと言って良いでしょう。

 

体調やホルモンのバランスによって変化しやすい肌質ですが、おおまかに自分の肌質を理解しておくことはニキビ化粧水や化粧品を選ぶ際にとても重要だそうです。

 

まず、バランスの良い肌の状態が普通肌です。一般的な化粧品は普通肌で使用することを目安に開発されています。

 

皮脂の分泌に過不足が無く、水分を保つこともできる状態ですが、季節や生活習慣によって変化する可能性が充分あるタイプですので、現在普通肌の方はその状態をキープするためのスキンケアが中心となるようです。

 

次に、水分を保つのが難しく、肌をカバーしている皮脂も少なめの乾燥肌です。乾燥によって肌の伸縮性が乏しくなっているため、角質が硬くなりやすい性質を持っています。

 

乾燥肌だとニキビになりにくいと思っている女性も多いものですが、実は少量の皮脂でもすぐに毛穴が詰まってしまう傾向にありますので注意が必要です。

 

そして、乾燥肌とは反対に、水分も皮脂も多めのタイプがオイリー肌です。テカリが出やすく、皮膚表面に浮き出た皮脂は酸化してしまい、汚れやさまざまな雑菌を付着させやすいため、洗浄を中心としたスキンケア、毛穴ケアが重要と言われています。

 

最後に、皮脂が多めに分泌される一方で水分量を保つことが難しい混合肌タイプです。顔のパーツごとに乾燥したり脂っぽかったりするので、Tゾーンは丁寧に洗浄し、目元はたっぷり保湿を、といったパーツごとのケアが必要になるようです。

 

関連ページ

慢性的なニキビ、皮膚科という選択も
ニキビを発症した経験のある人は成人の約9割に達するとまで言われており、皮膚の病気としては軽症のものから深刻なものまで自分で体験した、という人も少なくない病気です。
30代以降のニキビには要注意
乾燥が気になる30代では、保湿効果が持続するよう、ビタミン類やプラセンタなどを成分に採用しているものを選択することがひとつのポイントです。
女性用ニキビ化粧水の特徴
女性用ニキビ化粧水の特徴について説明します。
ターンオーバー正常化にニキビ化粧水
毛穴にケアが必要な状態だったり、異常な角化が始まってしまったりすると、ターンオーバーが遅くなってしまうためにニキビの発症しやすい肌環境に傾いてしまいます。
ニキビ化粧水の効果的な使い方
ニキビ化粧水の効果的な使い方について説明します。