30代以降のニキビには要注意

30代以降のニキビには要注意

 

ニキビはオイリー肌が原因と思っていませんか?新陳代謝力の高い思春期には、皮脂も多く、水分量も多いオイリー肌になる傾向にありますが、30代を過ぎた頃からはどちらも不足した状態の肌環境に傾く方が多いそうです。

 

しかし、ニキビに困っている方の中で30代以降の方の割合は意外と珍しくないようです。つまり、成人してからのニキビでは、単純にオイリー肌を改善すれば良い、というわけではないということでしょう。

 

人間の顔の部分に存在している皮脂腺は、額や鼻の周辺に多く集まっているそうです。

 

30代からニキビになってしまった方の多くは、これらの箇所にできたニキビではなく、頬骨の辺りやアゴといった、皮脂腺が相対的に少ない場所にできたニキビが治りづらく、リピートしてしまう症状に悩んでいるそうです。

 

これらのニキビには、便秘になりやすく老廃物を排除しにくい体質、肌を健康に保つためのビタミン類を充分に取り込める食事がなかなかできない忙しい生活環境、毎日のメイクで毛穴をふさぎがちな化粧品やそれらを使用したメイクの仕方などが主な原因とされています。

 

とは言え、すぐにこうした環境を改善することは難しく、完治する前にまた次のニキビができてしまう、といった悪循環が生まれてしまう点が問題と言えるでしょう。

 

そんな時には、肌荒れ対策にも効果的なニキビ化粧水を利用してみてはいかがでしょうか。乾燥が気になる30代では、保湿効果が持続するよう、ビタミン類やプラセンタなどを成分に採用しているものを選択することがひとつのポイントです。

 

関連ページ

慢性的なニキビ、皮膚科という選択も
ニキビを発症した経験のある人は成人の約9割に達するとまで言われており、皮膚の病気としては軽症のものから深刻なものまで自分で体験した、という人も少なくない病気です。
自分の肌質を知っておきましょう
自分自身の肌について、どんなタイプに属しているのか、自分の肌タイプに合ったスキンケアは何か、考えたことはありますか?。
女性用ニキビ化粧水の特徴
女性用ニキビ化粧水の特徴について説明します。
ターンオーバー正常化にニキビ化粧水
毛穴にケアが必要な状態だったり、異常な角化が始まってしまったりすると、ターンオーバーが遅くなってしまうためにニキビの発症しやすい肌環境に傾いてしまいます。
ニキビ化粧水の効果的な使い方
ニキビ化粧水の効果的な使い方について説明します。